【広告でもnofollow推奨】PR系の外部リンクについて

スポンサーリンク

広告(PR)系リンクは大丈夫なのか?

昨今の検索エンジンの表示結果においては、『外部リンクの質』がかなり影響する時代となりました。
 
関連性の薄いサイトからのリンク、関連性が多少なりともあっても被リンク先のサイト自体があまり機能していなかったり稚拙だったりすると評価が低くなります。
 
さて、今回お伝えしたい内容が、メディア媒体や公共性のあるサイトからの有料リンクはOKなのか?ということです。
 
単刀直入に言います。NGです。

これ割と知らない人多いみたいですね。

業界に通な人であれば「そんなんとっくに知ってるよ」「常識じゃん?」となりますけど、企業のWeb担当やSEO会社に委託しっぱなしの方は知らないケースがまぁ多い。
 
完結に言うとですね、『一種のペイドリンク(購入リンク)と見なされるから』です。
ちなみに、とある企業は某地域的に有名なサイト(しかも公共性のあるサイト)に出稿していましたが、残念ながら警告が来ていました。
 
「公共性のあるサイトのリンクは信用性が高いから良いんじゃないの?」というWeb担当者からの意見も多々ありますが、「公共性のあるサイトからのリンクでも注意しなければならない」んです。
 
2010年くらい前までは被リンク数があればあるほど上位表示されてアクセス向上!に繋がる背景があったので相互リンクを行ってお互いにWinーWinになるから皆んなHAPPAY!という状況でした。
 
しかし、今は単純に被リンク数が多いだけでは上位表示されません。

関連性がない広告系リンクは全国的もしくは地域的に有名・権威を持っているサイトであっても気をつけたいところですね。まぁリンクの貼り方やサイト内での位置付けが問題だとは思いますが。
 
Googleもといユーザーからすれば、協賛企業だから何?となる可能性が高いわけですね。

こんな感じだと外部リンクとしてはNG

どうせなら、その企業と該当サイトとの関連性のあるコンテンツを用意してあげてリンクを貼る!くらいしないと厳しいと思います。

というかなぜ協賛企業としてバナーを貼る必要があるのか個人的には理解できません。
あ、時間と効率化を図るためか。
 
もともとの広告のニュアンスは、

「お金出してくれたら御社のことPRするスペースを貸してあげるよ!」

という一種の露出の拡大であって、時代に合わせてなぜかSEOにも有利ですよ!となったのですが、本質が若干ずれているんです。
 
「記事の質が高いからペナルティ受けないんですよ」とか「みんなやっているので大丈夫ですよ、ほらこれ見てくださいよ!」という雑な営業を受けたら疑ってください。
 
グタグタ書いている記事は僕はあまり読む気になれないのですが、下記2サイトは非常に分かりやすいので参考にしてみてください。
↓↓

リンクを否認する「nofollow」Googleが推奨する使い方とは

を使用するべき基本3項目

Googleが推奨するリンクというのは上記のような慣例性のある記事やサイトからのリンクであって、PR!とか広告!で評価してもらおうという状況って明らかに不自然ですからね。
 
気をつけましょう!
 

タイトルとURLをコピーしました