LPOとは

LPOとは、一般的にランディングページ最適化のことを指します。
Landing Page Optimization」の頭文字を取ったもの

簡単に説明すると、
Webサイトに訪れたページ(ランディングページ)から、あなたのWebサイト内のゴール(問い合わせや申し込み、購入など)に誘導するための施策です。

スポンサーリンク

ユーザーの動きを知ることが大事

Webサイトにアクセスしたユーザーが、注文やお問合せという行動(アクション)をしてくれなければ売り上げ向上にはなりません。

そのため、ユーザーが最初に目にするランディングページをユーザーそれぞれの知りたいことなどに合わせた内容を盛り込むことで離脱の防止・成約率の向上になります。

ユーザー求めていた情報がありそうだと判断した場合、クリックしてサイトに流入してきます。

自然検索(SEO)
  • タイトル
  • ディスクリプション
インターネット広告 
  • 見出し
  • 説明文

しかし、そのランディングページ内に欲している情報が、
『存在しない』『テキストが少なく伝わりにくい』『そもそも見つからなかった』場合は問題が発生します。

Webサイト内で成約せずに検索画面に戻り別のサイトに流入するからです。

このような状況ではユーザーがあなたのWebサイトを訪れても他サイトへ流動するので、
連動して直帰率は高く、成約率が低くなります。

これらを改善するために、LPOが大切な施策になってきます。

それでは、一般的にLPO対策は何を確認していき、どう改善するのが良いのでしょうか。

様々な施策がありますが、一番最初に確認する内容は検索キーワードとの整合性です。
※検索キーワードとの整合性は、Googleサーチコンソール内で確認できます。

キーワードとの整合性が低ければ、コンテンツの追加、別ページの作成などを検討するとよいでしょう。

もし、検索ワードとの整合性が高いのであれば、その時は導線設計の見直しが必要かもしれません。

ボタンがわかりにくい
追従ボタンがない

こうしたユーザーが感じる「使いやすさ」も成約するかに大きく影響します。

タイトルとURLをコピーしました