PDCAとは

PDCAサイクルは、業績や成果を上げるために、4つの段階をステージに分けて繰り返し行うことを指します。

 PDCAの内容
     

  • P…Plan(計画)
  • D…Do(実行)
  • C…Check(評価)
  • A…Action(行動)

これらは、Web業界以外の仕事でも役立つ仕事術としてよく知られています。

スポンサーリンク

Plan(計画)

達成したい目標を立てて計画する。
5W6Hなどを意識しながら 目標を設定していくといいでしょう。

Do(実行)

計画に沿って、実行します。
目標を達成するためにできることを、かかる時間など想定しリストに書き出し順番に実行するといいでしょう。

Check(評価)

実行がもともとの計画していたものに沿って行われたか、目標を達成したかを評価します。
良かった点・悪かった点を数値など客観的に見れるもので分析していきましょう。

Action(改善)

評価を見て、よかった点は継続的に実施し、悪かった点はどうやって改善していけばいいのかを考えていきましょう。
計画していたも目標・計画をそのまま続けていくのか修正するのかなども考えながら次のPDCAを回していきましょう。

まとめ

Webサイト内に何か施策を施すために、計画立案→実行→確認→改善点を探す→再度計画立案というような一連の流れをPDCAサイクルと言います。

このPACAサイクルは、Webサイトだけではなく、社内での新事業や業務改善といった様々なことにも活用できます。

タイトルとURLをコピーしました