品質スコアとは

品質スコアとは、
検索しているユーザーにとって「良い広告なのか」ということ評価しているもので、キーワード毎に10段階で表されます。

 品質スコアを決める要素
  • 推定クリック率
  • 広告の関連性
  • ランディングページの利便性

品質スコアを改善しようとすると見直すべきことは「キーワード自体」「広告文」「ランディングページ」が最優先です。
そのため、早急に改善にできるのは「キーワード自体」「広告文」の見直しです。

「ランディングページ」の見直しは、スマートフォンへの対応や成約への導線なども関わってくるので、修正には少し時間が必要になります。

今まで品質スコアについて記載させていただきましたが、最近はGoogleの推奨が「MUGEN」になってきています。

「MUGEN」とは「hagakure」「GORIN」に次ぐアカウント構成の推奨です。

参考:https://www.glad-cube.com/blog/?p=17432

スポンサーリンク

入札単価と品質スコアの考え方

品質スコアに関わる点での変更は、『(今までは)品質スコアが低いキーワードは停止しましょう。』という考え方でしたが、「MUGEN」の考え方は、『検索される可能性のあるキーワードはすべて登録し可能性を広げましょう。推奨は部分一致での入稿。』なのです。

予算が限られているアカウントにはなかなか難しい推奨アカウント構成にはなりますが、自分たちでは考えられないキーワードが増えてきている現状があるので「MUGEN」という考え方ができたそうです。

今後、品質スコアを気にしない日が来る時があるかもしれません。(なんとまぁ・・・!)

タイトルとURLをコピーしました