アンカーテキストとは

アンカーテキストとは、リンクが付いている部分のテキストのことを指します。

リンク先のページとクリックする部分のテキストを、それぞれここにクリックするテキストとします。

 ページ上の表記

アンカーテキストとは

 ソースコードの表記
<a href="リンク先URL">クリックする場所のテキスト</a>
正しいアンカーテキストの使い方

自然なテキスト

わかりやすいテキスト

見つけやすいリンク設定

スポンサーリンク

使い方と意味

アンカーテキストには、リンクを押して飛ばしたい先のページにユーザーを遷移させる役割があります。

ユーザーとGoogleの双方に、『次のページは●●(テキストの内容)をみてね〜』ということになります。

つまり、アンカーテキストはWebサイトを構成するにあたって、基本的な要素なのですが、重要な要素でもあります。

アンカーテキストに次ページの案内としてふさわしい、かつ、キーワードを含めるとよりSEOとしての効果も高まります。

注意点

アンカーテキストには次ページを説明するキーワードを含めれば良いと言われていますが、やりすぎるとGoogleからペナルティ(警告)を受けることになります。

言ってしまえば、検索順位を無理やり操作しようとする方法です。

例えば、完全一致と言われる検索語句でのアンカーテキスト。

 ページ上の表記

チョコレート

 ソースコードの表記
<a href="リンク先URL">チョコレート</a>

これは、次のページが「チョコレート」のページであると訴求することができます。

でも、単純に「チョコレート」というテキストだけでは、次のページが「チョコレートのなんのページか分からない」んです。

これはWebサイトを運営する人が、

「チョコレート」というキーワードで上位表示したいなぁ・・・

というスケベ根性がストレートに表現されています。

では、次の例ではどうでしょうか。

 ページ上の表記

チョコレート おすすめ

 ソースコードの表記
<a href="リンク先URL">チョコレート  おすすめ</a>

これも危ないアンカーテキストの設定方法です。

ユーザーが検索結果に入力する時の言葉をそのままアンカーテキストに使用すると、ペナルティの対象になりやすい(もしくは検索順位を大幅に下げる原因)です。

なぜなら、Webサイトの運営社はユーザーが検索する言葉で検索順位をあげたい!と思っていますから。

リンクにキーワードを不自然形で設定するのではなく、次ページの内容と一致する文言やマッチする文言をアンカーテキストに設定するようにしましょう。

「チョコレート」のおすすめを紹介するページであれば、このような形が良いでしょう。

 ソースコードの表記
<a href="リンク先URL">あなたの口にきっと合う、おすすめのチョコレートを紹介</a>

内部リンクであれば、Googleのクローラーロボットだけを意識するのではなく、第一はユーザーがリンク先のページ内容を理解し易いアンカーテキストを設定することを「おすすめ」します。

これはGoogleの公式アナウンスページでも掲載されています。

画像リンクに関して

アンカーテキストは純粋なテキストだけではありません。

画像にもアンカーテキストを付与することができます。

 ソースコードの表記
<img src="画像のパス" alt="ここに画像リンクの先のページのテキスト">

画像をリンクとして使用する場合は、altテキストを入力しておくと、リンク先のページについてGoogleが理解しやすくなります。

テキストリンクのアンカーテキストを記述する場合と同じように設定しましょう!

間違ってもこんな記述はしないように!

 NGなアンカーテキスト例

ワンピース 通販

中古車 買取

ブレスレット 誕生日

まとめ

アンカーテキストはWebサイトを構成するうえでも、SEO対策をするうえでも重要な要素です。

検索順位をあからさまに操作する目的で、不自然なリンクを設定するようなアンカーテキストはやめましょう!

検索順位が落ちたり、場合によってはペナルティになる恐れもありますから。

タイトルとURLをコピーしました