【サイト分析ツール】Ahrefsが日本語対応となって大魔神レベルのツールとなった

サイト解析ツール 便利ツール

自社サイトにどれだけの外部リンクがついているのか、どういったキーワードで表示されているのかは非常に気になるところ。

データ容量や更新速度が早かったAhrefsですが、日本語対応となっていて大魔神ツールとなっていたのを知った。

今までお金を払って調べなかった人や企業に勤めているWeb担当者は是非導入したほうが良いんじゃないかな。

スポンサーリンク

Ahrefs一つで競合も丸裸!

Ahrefsでサイトを丸裸に

Ahrefで出来ることを簡単に羅列してみよう!

 Ahrefsの主な機能
  • 複数ドメイン比較分析
  • 被リンク詳細
  • 被リンク増減
  • ダッシュボード機能
  • 競合ページの抽出
  • コンテンツ比較
  • オーガニック(自然)検索で表示されるキーワード抽出
  • URL毎に表示されているキーワード抽出
  • リスティングのキーワードやタイトル、説明文の抽出
  • ほか多数

お、おぅ・・・。

改めて見るとやはりゴイスー(凄い)

外部リンクの詳細は当たり前

特段書くこともないけど、Ahrefsの外部リンクデータはほぼ瞬時、かつ、更新が早い。

 分かること
  • どれだけのリンクが付いて外れたのか(日毎)
  • アンカーテキストの内容
  • ルートドメイン
  • 参照元コンテンツ
  • 参照元IP
  • その他もろもろ

細かく知ることができる。

競合ページの抽出

これは、けっこう使える項目。

自分ではAというサイトを競合と思っていたけど、Ahrefsから見るとBというサイトも競合でっせ!というのを教えてくれる。

競合の似たページを表示してくれる

比較したいページが決まっている場合は「コンテンツ比較」という項目もあるから、そっちで試すのも良いわね!

対策URL毎にキーワードを抽出できる

外部リンクがどれだけ付いているのか、外れたのかが分かるのはココでは割愛します。

『対策URL毎にキーワードを抽出できる』というのはかなりデカイ。

対策URLが多ければ多いほど、1URLを上位表示するにはどういったキーワードで現在表示されているかを知るのが難しくなります。

その問題をAhrefsならこう解決してくれるんですね。

対策URL毎にキーワードを抽出できる

 分かること
  • 「トラフィック」・・・流入数
  • 「キーワード」・・・該当URLを表示するキーワード数
  • 「Page URL」・・・該当URL
  • 「上位キーワード」・・・もっとも順位が良いキーワード
  • 「Its volume 」・・・検索ボリューム数
  • 「順位」・・・検索順位
  • その他もろもろ

自社サイトならある程度メインページとキーワードは把握していることが多いですが、競合サイトはいかが?

サイト分析をする際に、このページはどういったキーワードで上位表示しているんだろうか?と気になるはず。

調べるのは何も自社サイトだけではなく他社サイトも可能だから、「競合と比較して何が不足しているのか」が分かる良い分析になるわね。

リスティング広告のキーワードやタイトルも抽出できる

日本語化して知った(はよ気づけよ)のがリスティング広告の内容も分かってしまう。

SEOカフェはリスティング広告をやっていないから、「楽天」で例を出してみる。

リスティング広告で出稿しているキーワードも分かる

『どういったキーワードでリスティング広告が、どの場所に、ランディングページがどのURLで設定しているか』が図でも分かります。

しかし、これだけで終わらない。。。

右上のエクスポートを押すとさらなる情報が分かってしまう。

リスティング広告での出稿内容が丸裸に

 分かること
  • キーワード
  • 広告URL
  • タイトル
  • 説明文
  • 広告掲載場所(上なのか下なのか)
  • 検索ボリューム
  • その他もろもろ

ぱねー

いやはやこれは凄い。

まとめ

Ahrefsだけで競合分析や状態が分かってしまうけど、さすがに有料ツールである(月99ドル〜)。

ただし、導入しておいて損はないツールだし、外部リンクのデータもキーワードもこれ一本でOK!

少しでも費用を抑えるために

日本国内でライセンスを持っているのがフルスピード社だけ。

Ahrefsを10%オフで利用する

タイトルとURLをコピーしました