altのない画像を一覧表示してくれるツール『Alt & Meta viewer』

altのない画像を一覧表示してくれるツール 便利ツール

ページ内の画像にAltが設定されているかどうかを確認したい時に使える拡張機能が『Alt & Meta viewer』なんですね。
リンクを設定している画像にはaltが必須だから、重要なページはAlt & Meta viewerで簡単にalt漏れの画像を見つけちゃいましょう!

 ポイント
  • altの有無をソースコードを見ないでチェックできる
  • 記事に画像が多い場合は「Alt & Meta viewer」で簡単に解決

画像のAlt設定を一発で見ることができるから本当にオススメ!

リンクが発生する画像の設定漏れには注意が必要ですね。
あ、ブラウザはGoogle Chromeです。

スポンサーリンク

ダウンロードの方法

下記ページからダウンロードしちゃいましょう!

Alt & Meta viewerからダウンロード

Alt Meta viewerのダウンロード画面

右上の青ボタンからダウンロードできます。
※画像はダウンロード済の内容なので緑色になってます。

使い方

無事に『Alt & Meta viewer』のダウンロードが終了すると、ブラウザの右上に「Alt」というアイコンが表示されます。

Alt Meta viewerのダウンロード後

アイコンを押下すると「画像のAlt表示」と「Title Meta 表示」というメニューがそれぞれ表示されます。

Alt Meta viewerのタブ

画像のAlt表示ボタン

メインは上段にある「画像のAlt表示」を押すと開いているページにある画像のAlt設定とTitle設定が表示されます。

Alt Meta viewerでAltを一覧表示

気になる項目が見えるはずです。

Alt Meta viewerのAlt不備項目

「Altなし 7個」

これが開いているページ内でAltのない画像枚数です。

表示された各画像アイコンを押すと該当場所までビューんと飛んでくれます。

Alt Meta viewerでAltのない画像を検出

ただし、画像に意味を持たせる必要がないアイコンや、矢印マークを画像にしている場合、それらも検出してしまいます。

alt設定が不要だと思う画像以外にalt不備があったら修正してましょう!

Title meta表示ボタン

Title meta表示ボタン

あまり使う頻度は高くないけど、下段にある「Title meta表示ボタン」を押すと名前の通りMeta情報が表示されるようになります。

Title meta表示ボタンでMeta情報を表示

情報としては、上段の「画像のAlt表示」を使用する頻度が圧倒的に高いけどたま〜に使ったりするからメモ程度で問題ないんじゃないかな。

まとめ

簡単にまとめるよ〜

 ポイント
  • altの有無をソースコードを見ないでチェックできる
  • 記事に画像が多い場合は「Alt & Meta viewer」で簡単に解決
  • 1ページしか判断できないのでサイト全体のalt未設定はカエルを使おう
【サイト調査におすすめ】Screaming Frog SEO(カエル)の使い方! ~初級編~
タイトルやh1、descriptionの設定ミスを簡単にチェックできるツールがScreaming Frog SEO。さらに場合によってはサーバーが弱いということも分かります。

拡張機能をインストールして直感的に触るだけだから、細かい設定がいらないのが楽。

リンクが発生する画像はテキスト代わりにAltの内容が重要視されることもあるからチェックツールとしてはオススメ!

タイトルとURLをコピーしました