【サイト調査におすすめ】Screaming Frog SEO(カエル)の使い方! ~初級編~

ScreamingFrogSEOSpiderの使い方 便利ツール
自分のWebサイトの設定や内部リンクの状況、タイトルやディスクリプション、細かいところまで全部チェックしたい。

そう思っていませんか?

Webサイトの調査に便利なものがあるのでぜひ活用しましょう。

その名も『Screaming Frog SEO』!

レスポンジブであろうが、ダイナミックサービングであろうが、サブディレクトリであろうが関係ありません。

Googleがクロールするのと同じように、サイト内をクロールして各要素を引っ張り出してくれます。

スポンサーリンク

自他サイトの分析はScreaming Frog SEOで丸裸に!

サイトを簡単に分析するならScreaming Frog SEOで大半が済んじゃうわ!

ちなみに分析できる項目はこんな感じです!

 分析できる主な要素
  • titleの重複、設定ミス
  • h1の重複、設定ミス
  • titleの重複、設定ミス
  • canonicalの有無
  • 301、302、404といったページの有無
  • sitemap.xmlの吐き出し
  • 画像のalt設定有無
  • 全てのリンク設定のミスチェック
  • GA、GSC、PSIと統合
  • その他多数

色んなことが分かるんですね!
それだけじゃないんですよ!

その全てをExcelやCSVとしてダウンロードできるのがまた良い!

世の中本当に便利ですね。

SEO対策をちょこっと分析している人。
ブログだけでなく、実際のビジネスでウェブサイトを運営している人。

そんな人にとっては、当たり前?といっても良いくらい有名な分析ツールが
Screaming Frog SEO。

知らない人は、ぜひダウンロードして分析しましょう!
ちなみに、Windows、Macのどちらにも対応してるのでご安心を!

使い方

サイトへアクセスしてダウンロード

ScreamingFrogSEOSpiderのTOP

ScreamingFrogSEOSpiderにアクセス

気がつきましたか?そうなんです、英語なんです。

この時点で、取っつきにくいと思う方いると思いますけど、安心してください。
直感的に使えますし、この後の流れを読めば大丈夫です。

実際にダウンロード

ScreamingFrogSEOSpiderのダウンロード

ダウンロードボタンを押すと、ポップが出ます!

OSを自動で判別してくれます

OSを自動で判断してくれます。
(※画像はMac版)

無料版と有料版があり無料版だと500ページしか抽出してくれませんが、有料だとクロールするページ数に制限はありません。

それでも十分ではありますので活用しましょう!

有料版だと年間で22,000円前後(149ポンド)です。
月々1,840円と割安なのでオススメです。

ダウンロードするまで大体1~2分くらいかかります。

起動する

ScreamingFrogSEOSpiderの起動画面

※2019年12月現在は、12.3Verが最新

はい、もうずっと英語です。

URLを打ち込む

URLを打ち込んで「Start」を押しましょう!

そうすると読み込みが始まります!

サイトを分析中

読み込み進捗100%になるまで待機

各項目を調べてみよう

読み込みが終わったら、気になる項目をクリックして調べましょう!

気になる項目をチェック

 タイトルの場合
  • 「ALL」・・・ページ全て
  • 「Missing」・・・設定がないページ
  • 「Duplicate」・・・重複しているページ
  • 「Same as H1」・・・h1と同じテキストがtitleとして設定されている
  • 「Multiple」・・・2個以上titleタグが設置されている

深い調査をやる必要のない人は、これだけ覚えておけば正直何とかなります(笑)

後述する、h1やdescription、imgのメニュータブもクリックすればそれぞれの内容を調べることができます。

サイト全体のチェック

まずは全体像を把握しておきましょう!

 手順
  • STEP1
    Internalをクリック
    Internalは内部を指します
  • STEP2
    タブから好きな項目を選ぶ
    項目は、HTMLやIMG、CSSなど様々!
  • STEP3
    必要に応じてダウンロード
    欲しい情報があればエクセルやCSVでダウンロードできます。

手順1:Internalをクリック

サイト内部の各項目を一覧で見れる

Screaming Frogのメニュータブ内の一番左にある「 Internal 」を押すと、サイト内部の細かいデータを見ることができます。

手順2:タブ内の好きな項目をクリック

InternalではまずHTMLでOK

おそらく一番気になるであろう内部にあるページを気にする人が多いので、
慣れるまで「 HTML 」だけで良いと思います。

手順3:必要に応じてダウンロード

必要な時にダウンロード

CSVもしくはエクセル形式、どちらでも選べます。

文字化けを避けるのであれば、エクセル形式でダウンロードすると楽です!

HTMLデータ

canonical先やタイトル、description、noindex有無などURL毎に一覧化できます。

メニュー内の各項目は、全て同じような手順でOKです。

タイトルのチェック

SEO上、順位に影響する割合が高いタイトルのチェックができます。

先ほど説明したInternal内でもみれますが、タイトルだけに絞って見ることができます。

タイトルのチェック

 手順
  • STEP1
    titleをクリック
    文字通り、ページのタイトルを指します。
  • STEP2
    タブから好きな項目を選ぶ
    項目は、重複・設定ミス・60文字以上、30文字以下など!
  • STEP3
    必要に応じてダウンロード
    欲しい情報があればエクセルやCSVでダウンロードできます。

descriptionのチェック

SEO上、順位に直接的な影響はありませんがクリック率に影響するdescriptionのチェックができます。

基本的には1ページに固有の内容にすることが望ましいです。

ディスクリプションをチェック

 手順
  • STEP1
    descriptionをクリック
    文字通り、ページのタイトルを指します。
  • STEP2
    タブから好きな項目を選ぶ
    項目は、重複をまずチェックしましょう!
  • STEP3
    必要に応じてダウンロード
    欲しい情報があればエクセルやCSVでダウンロードできます。

h1のチェック

該当ページの大見出しとなるh1を軽視する人が多いですが、設定されているかを確認しましょう。

ちなみに、初期設定だとh1に画像を設定しているとalt内のテキストを検出してくれないので注意しましょう。

h1のチェック

 手順
  • STEP1
    h1をクリック
    ページ内のh1を検出します。
  • STEP2
    タブから好きな項目を選ぶ
    なるべく重複をなくすようにしましょう!
  • STEP2
    空白のh1があった場合
    h1が未設定なのか、画像を設定しているのかを確認!
  • STEP3
    必要に応じてダウンロード
    欲しい情報があればエクセルやCSVでダウンロードできます。

もし、h1に画像を指定していても、うっかりalt設定ミス・・・なんてこともあり得ます。

十分に注意しましょう!

その他、各要素の細かいデータをチェック

サイト全体・タイトル・h1・ディスクリプションと超基本的な項目も大事ですが、サイト内の内部リンクも重要になります。

どういったテキストでリンク(アンカーリンクと言います)で、どのURLにリンクを設定(アンカーリンクと言います)しているか気になりませんか?

もし、設定しているリンク先が404ページ(エラーページ)だったとしたら非常に勿体ないです。というより、飛び先のページの情報が知りたいユーザーにとっては、閲覧できないことはストレス以外の何者でもありません。

そういった内部リンクのチェックも可能です。

 手順
  • STEP1
    BulkExportをクリック
    各要素を細かく選べます。
  • STEP2
    タブから好きな項目を選ぶ
    内部リンク、初リンク、全てのリンク、画像など!
  • STEP3
    必要に応じてダウンロード
    欲しい情報があればエクセルやCSVでダウンロードできます。

各要素の個別チェック

個別の要素をチェックしたい場合は、メニュー内の「 Bulk Export 」を選びましょう!

オススメはall anchor text

サイト内の全てのリンクを検出できる「 all acchor text 」がおすすめです。

  • リンク元のURL
  • リンク先のURL
  • 画像(altテキスト)or テキスト
  • リンク先URLのステータスコード

これらが、一覧で見れるデータをダウンロードできちゃいます!

サイト内のリンクを丸裸に!

この資料があれば、内部リンクの設定ミスやキーワードを含んでいないアンカーテキストもチェックも簡単ね♪

その他の機能

他にもsitemap.xmlを出せたり、任意のページがサイト内のどのページからリンクが貼られているかも分かるようになります!

ただ・・・PCの環境によっては、文字化けすることもあります。

そんな時は秀丸TeraPadのような文字コード変換ツールを活用すると解決できますよ!

サーバーが弱すぎるとサイトがダウンする

すごいツールなのですが、カエルは時に毒ガエルになります。

はい??って感じですよね?

仕組みとしては、1つのサイトに大量のIPアクセスを集中して行うので、脆弱なサーバー環境下に置かれているサイトに対して使用すると急激なアクセス過多による503エラーといったページが表示される可能性があります。

良いのか悪いのか、もしそのような状況になった場合はサーバー環境を変えることをオススメします。

カエル(変える)だけに。

・・・くっそつまんないオチですね。

ま、まぁ自社サイトの振り返りをする時には便利ですよってことですね!

※中級編ができたらまたリンクを貼ります。※

まとめ

Screaming Frog SEOがあれば、基本的なサイト分析は事足ります。

技術力のないSEO会社に依頼する必要もありません。

ましてや、このツールの存在すら知らないSEO会社もいるみたいですから(笑)

 簡単なまとめ
  • サイト内の調査はScreaming Frog SEOで十分解析できる
  • ページ数が多い場合は有料版で調べる(年間22,000円)
  • サーバーが弱いかも分かってしまう
  • 技術力のないSEO会社に依頼しなくても良いレベル

このツールを使ってできる簡易的な調査内容はこちら!

【初心者向け】SEO内部対策の基礎チェック項目21個
SEO内部対策に必要な項目ってどれくらいあるのかを箇条書きにしてみたよ。正直なところ、基本的には自社や個人で行えるレベルが多く、わざわざSEO業者や制作会社に依頼しなくても解決できる点が多いんだよね。

Screaming Frog(カエル)はサイトの分析を簡単に行える便利なツールだけど、サイトが壊れたり503が表示されたらサーバーを変えましょう!!

タイトルとURLをコピーしました