サーチコンソールデータをスプレッドシートに抽出&毎月自動保存する方法

サーチコンソールデータをスプレッドシートに毎月自動保存する方法 便利ツール
サーチコンソールの毎月のデータをどこかに保存とかできたりしないのかなぁ〜・・・?
サーチコンソールで見れる、URL毎にどんなキーワードが表示されているか一覧化したい

サーチコンソール(Google Search Console)で確認するデータってものすごい重要ですよね。

それが、もしGoogleスプレッドシートを活用して一覧化できるとしたらどうですか?

さらに、それらが毎月自動でデータ蓄積されていく方法があるとしたらどうですか?

嬉しいですか?笑

サーチコンソールのデータを見ることはできても、

  • URL毎にどういったキーワードがあるのか
  • 毎月、表示されているキーワード・クリックされているキーワードの変化を把握する

をできている人ってなかなかいないですよね。

そんなあなたに送る、ちょっとマニアっく(と呼べるかは微妙)なサーチコンソールのデータ蓄積の方法です!

 大まかな手順
  • STEP1
    スプレッドシートにアドオンを追加
    スプレッドシートにサーチコンソールのアドオンを追加
  • STEP2
    データ取得したいドメインを選択
    管理しているグーグルアカウントからデータ取得したいドメインを選択
  • STEP3
    各種設定
    クエリ(キーワード)、URL、表示回数、CTRといった各種要素の設定
  • STEP4
    データ表示(蓄積)
    データを一覧で抽出
スポンサーリンク

スプレッドシートにサーチコンソールのアドオンを追加

さっそく、スプレッドシートにサーチコンソールのアドオンを追加していきましょう!

▼下記URLにまずはアクセス!
https://gsuite.google.com/marketplace

アクセスしたら、検索窓に『 Search 』と打ち込みましょう。
それだけで候補として表示されます。

SearchConsoleデータをスプレッドシートに反映

『 Search Analytics For Sheets 』を選択。

SearchConsoleデータをスプレッドシートに反映

そのまま流れで『 インストール 』をクリック。

SearchConsoleデータをスプレッドシートに反映

インストールの準備?確認?として確認作業が必要になります。
確認といっても、アカウントが合ってるかどうかという簡単なチェックなので構えなくてOK。

SearchConsoleデータをスプレッドシートに反映

サーチコンソールを管理しているGoogleアカウントを選択しておきましょう!

SearchConsoleデータをスプレッドシートに反映

Googleアカウントを選択したら、下部にある『 許可 』をクリック。

SearchConsoleデータをスプレッドシートに反映

問題がなければ、『 完了 』をクリック。
ここまでは特に問題なく進められると思います。

SearchConsoleデータをスプレッドシートに反映

完了したら、スプレッドシート画面に移りましょう!

サーチコンソールデータが欲しいドメインと期間の設定を行う

『 Request 』タブ内で、下記を主に選択します。

 欲しい内容を決める
  • サーチコンソールデータ内の欲しい内容
  • サーチコンソールデータ欲しいがドメイン
  • サーチコンソールデータが欲しい期間

下の画面通りに進めれば、感覚は掴めるはず!
まずは、Query(クエリ)=キーワードだけを選択して抽出しましょう!

SearchConsoleデータをスプレッドシートに反映

各設定は後から、何回でも変更してデータを吐き出すことができます!

内容によっては時間がかかりますが、1分もかからないうちに新しいタブでデータが表示されるはずです。

SearchConsoleデータをスプレッドシートに反映

これだけでもかなり有効なんですけど、できればURL毎のクエリ(キーワード)も見たいですよね?

そんな時は、先ほど選択した『 Query 』だけじゃなく『 Page 』も選択してみましょう。

SearchConsoleデータをスプレッドシートに反映

そうすると、あれ不思議。

先ほど抽出したものにURLが追加されます。

SearchConsoleデータをスプレッドシートに反映

よくある質問と回答

このサーチコンソールデータっていくつまで表示されるの?
回答

制限はないです!サーチコンソールで計測している全データを取得できます!
ただし、取得できるのはサーチコンソール内で計測できる過去16ヵ月以内のデータに限りますけど。

これ毎回取得するのがめんどくさいんだけど、自動化とかできる?
回答

はい!毎月3日経過すれば、前月のサーチコンソールデータを自動保存できちゃいます!
詳しい設定は、この後に説明していますよ!

スプレッドシート内で自動保存がされるように設定を行う

毎月、自動保存化して振り返ったり分析&各月の比較をしたい!

そんな欲張りなあなたは自動化もマスターしておきましょう!

管理するスプレッドシート内に、サーチコンソールのデータが毎月自動保存されるように設定方法が下記です。

メニュータブ内の『 アドオン 』 → 『 Search Console Analytics For Sheets 』→『 Open Sidebar 』と順々にクリックしていきます。

SearchConsoleデータをスプレッドシートに反映

『 Open Sidebar 』を押すと、右側に管理シートが表示されると思います。
『 Backups 』タブを選択し、自動保存したい対象ドメインを選びます。

SearchConsoleデータをスプレッドシートに反映

ちなみに、Project内の『 Monthly (runs every 3rd of the month) 』というのは、
毎月3日経過したらデータを保存するという意味です。

サーチコンソールデータのAPIでは、3日経過しないと取得できないようになっているためです。
そのため、毎月3日経過しないと前月のデータは取得ができません。
ここがリアルタイムで見れるGoogleアナリティクスとの大きな違いです。

あとは、さっき試しに抽出した方法と同じで、欲しいデータ情報の設定を忘れずに行いましょう!

SearchConsoleデータをスプレッドシートに反映

管理シートの下部に、チェックボックスが3つあるので上と下にチェックを入れます。
真ん中のチェックは、メールで通知するかどうかの設定なので、無視してもOK。

チェックを入れたら、赤いボタンを押して終了です。

SearchConsoleデータをスプレッドシートに反映

バックアップに成功すると、緑色で完了表示がされます。

SearchConsoleデータをスプレッドシートに反映

これで、毎月3日経過したら設定しているスプレッドシート内に前月のサーチコンソールデータが保存されるようになります。

まとめ

サーチコンソールは、現在保有しているWebサイトがどのキーワードで表示されているのかを教えてくれる便利なツールです。

狙っているキーワードやその関連キーワードの同行を知るのはもちろんですが、『あ、こんなキーワードでも表示されてる』と意外な気づきを与えてくれるものでもあります。

毎月3日経過しないと前月のデータは抽出できませんが、膨大な量なので我慢しておきましょう!笑

よくある質問と回答まとめ

サーチコンソールのデータをスプレッドシートに自動保存できる?
回答

はい、できます。毎月3日経過すれば前月データを全て一覧でスプレッドシート内に自動保存できます。

URL毎にどんなキーワードが表示されているかも一覧化できる?
回答

はい、できます。検索キーワードに対するURLと、平均順位・クリック数・クリック率も合わせて一覧化できます。

取得できるキーワード数には制限がある?
回答

制限はないです!サーチコンソールで計測している全データを取得できます!ただし、取得できるのはサーチコンソール内で計測できる過去16ヵ月以内のデータに限ります。

サーチコンソールデータをスプレッドシート内に自動抽出する方法は難しい?
回答

本記事内を見てそのままやれば5分でできます。超簡単です。

タイトルとURLをコピーしました