【ECサイトに多い】?=●●のようなパラメータURLの重複を避けるべし

ECサイトのパラメーターは上手く制御しよう SEO内部対策

ECサイトに見受けられるようなパラメータURLがある場合は重複の回避を設定していないことが多い。
ドキっとした人は確認してみてね。

使うのはcanonicalタグかGoogle Search Console!!

パラメータってほぼ無限に作られる場合もあるからしっかりと1ページを評価するようにしたい。

後回しにしがちだけどしっかり設定しておくことを勧めます。

スポンサーリンク

パラメータURLとは

パラメータURLとは、同じページ内で並び替えや絞り込み表示を行う際などに、URLに付加される変数のことを言うんだね。

●●.com/hogehoge?=

のような?が付いているURL。

例えば、商品一覧ページを金額の安い順に並べる際に、URL末尾に「sort=price」といった英語が付与されるイメージ。

URLが異なっても見た目が同じであれば重複コンテンツとなっちゃう。

本当にECサイトには良く見受けられるURLですね。

対処法

① canonical タグを使用し重複を防止する

パラメータが付与される全てのページにおいて、パラメータ部分を除外したURLでcanonicalを設定する必要がある。例:

https://www.●●●.net/products/sale.php?sort_price

の場合

ソースコード内に下記canonicalを記述。

<link rel="canonical" href="https://www.●●●.net/products/sale.php" />

② 特定のパラメータを含むページのクロール制限

使用するツールは、サチコことGoogle Search Console!
Google Search Consoleの『クロール』→『URL パラメータ』という箇所で、特定のパラメータをURLに含むページのクロールを制限することが可能となるのよ

1. Google Search Consoleのページに移動し、『クロール』→『URLパラメータ』を選択。

URLパラメータをクリック

2. 「パラメータ追加」もしくは「編集」をクリック。

パラメータを追加もしくは編集

一覧に存在しない場合は、『パラメータを追加』から直接入力して追加。

3. 「このパラメータで…変化しますか?」の質問に対し、『はい』『いいえ』を選択し保存。

はい、いいえの選択

『いいえ』とする場合は、任意のパラメータが付与されても、ページの見た目に一切変化がない時に選択。

コンテンツ並び替えなどの変化が生じるパラメータにおいては、『はい』を選択しましょう。

この操作によって、パラメータページのクロールが制限され、重複コンテンツの対処が可能となるんだね。

まとめ

ちゃちゃっとまとめよう。

 ポイント

パラメータURLがある場合は重複ページがあることを疑う

canonicalタグを使用するか、Google Search Consoleを活用

あまり需要なさそうな内容だけど、気になる方は運営しているサイトを確認されたし!!!

タイトルとURLをコピーしました