インデックスされたページを確実に削除する方法!

インデックス削除の確実な方法 SEO内部対策
インデックスされたページを消したいけど、削除の方法が分からなーい!!
削除申請したけど、インデックスされたままになっている。

そんな状況に陥っていませんか??

今回は、Googleにインデックスされてしまったページを確実に表示されないようにしたい!という人へ向けたお話です。

ちなみに、ファイルの中から該当ページのファイルやフォルダを削除しただけでは不十分なんです。

いくら待っても削除されずにインデックスされたままになってる!という場合は、確実に削除をする方法を行いましょう!

スポンサーリンク

インデックス削除の手順

Googleが無料で提供しているGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール)を活用しましょう。

インデックスされたページを削除する手順は下記です。

 手順
  • STEP1
    noindex処理
    インデックスを削除したいページにnoindex処理を行う
  • STEP2
    削除申請
    サーチコンソールを活用
  • STEP3
    確認
    インデックス削除されたかどうかを確認

インデックス削除したいページにnoindex処理をする

削除したいページの内に下記ソースコードを記述しましょう!

 meta name="robots" content="noindex" 

↑の記述だけでも良いんですけど、Googleが「いつ」クロールしてくるかは待つだけになってしまうんです。

告白をしたら「ちょっと考えさせて」となってしまって、OKなのかNGなのか「いつ」返事が来るのか分からないもどかしさと同じです!

そのもどかしさを振り払う(?)ために、もう一度念を押してアピールしましょう!

サーチコンソールにて削除申請

まずは、サーチコンソールにログインしましょう!

www.google.com

ログインをしたら下記のような内容になっているはずです。

画面左にメニューが羅列してあるので、「以前のツールとレポート」をクリックします。

インデックス削除確認画面1

その次に「URLの削除」をクリックしましょう!

インデックス削除確認画面2

別タブで下記のような画面が表示されます。

インデックス削除確認画面

さぁ、いよいよ削除したいページのURLを入力ましょう!
ワクワクですね!

「一時的に非表示にする」クリックするとURL入力タブが出現するのでそちらを入力してください!

URL単体でも良いし、ディレィクトリ全体を指定することができますのでディレクトリ内全てを一括で削除したい場合はディレィクトリを指定すると楽なのよ

使用しなくなった商品ページが多数ありそうなECサイトは、一括指定したほうが圧倒的に早いです。

「続行」を押したら入力したURLとリクエストタイプの選択を迫られるので任意の内容を決めてください。

内容を決定したら、「リクエストを送信」を押して申請が完成します。ちなみに、ディレクトリを非表示にする」を選択してリクエストを申請することができます。

完全に削除されたかどうかの確認

指定したURLが「保留」になってたりしますが、数時間〜遅くとも翌日になった段階で「削除しました」というステータスに変更されていると完了です。

これで削除されました。お疲れさまでした☆

まとめ

一度インデックスされたページは、サイト運営者側からインデックス削除申請をしないと消えることはほぼありません。

もし検索結果に表示させたくないページがある場合は、サーチコンソールから削除申請をしましょう!

タイトルとURLをコピーしました