CPAとは

CPAとは、主にインターネット広告の効果測定に使用される指標です。
お問合せ・注文・資料請求などの成約1件獲得するためにかかった広告費用のことを表します。

 CPAの計算式

CPA = 広告費用 ÷ 成約数

一般的には、『CPAは低いほうが費用対効果が良い』とされています。

スポンサーリンク

CPAの活用例

検索広告を100万円出稿し、お問合せ件数が50件だった場合、
CPAは以下のようになります。
●1,000,000円 ÷ 50件 = 20,000円

次に、 ディスプレイ広告で50万円出稿し、お問合せ件数が20件だった場合、
CPAは以下のようになります。
●500,000円 ÷ 10件 = 50,000円

検索広告、ディスプレイ広告のCPAを比べると、
●検索広告:20,000円
●ディスプレイ広告:50,000円

となります。

検索広告のほうが1件あたりにかかる費用が低く、費用対効果が高いことがわかりますね!
上記の例だと、『検索広告を最大限に配信したほうが効率がいい』という判断になります。

似たような用語
タイトルとURLをコピーしました